内容の保証はできません。


/System/Library/frameWorks/UIKit.framework

クラス UITouch

NSObject
  |
  +--UITouch

概要

UITouchオブジェクトは、スクリーン上の指の運動や指の存在を元に特定のイベントを表現しています。UITouchオブジェクトは、UIEventオブジェクトを通して、応答するオブジェクトにアクセスしイベントを処理します。

UITouchオブジェクトは、特定のビューまたはウインドウ内でのタッチイベントへのアクセスや、タッチ位置の座標を取得するためのメソッドを内包しています。また、タッチの回数が1回以上かどうか、タップされたかどうか、指が動いたかどうか(動いたならその距離を取得)、タッチの位相や、ジェスチャーの始まりから終わりまでの動作、イベントが取り消されたかどうかなど様々な条件のイベントを探知することができます。

オブジェクトは、常にマルチタッチのシークエンスを継続しています。イベントを処理している時には決してこのオブジェクトを破棄してはなりません。タッチの情報を保持する必要がある場合には、UITouchオブジェクトからの情報をコピーすべきです。

イベント処理の詳細については、iPhoneアプリケーションプログラミングガイドを参照してください。

インデックス

タッチの座標を取得

- locationInView:
- previousLocationInView:
view property
window property

タッチの属性を取得

tapCount property
timestamp property
phase property

プロパティ

phase

タッチのタイプを返す。(読み取りのみ)

@property(nonatomic, readonly) UITouchPhase phase

tapCount

連続でタップされた回数を返す。(読み取りのみ)

@property(nonatomic, readonly) NSUInteger tapCount

timestamp

タッチの発生時とタッチの変化時の時間を返す。(読み取りのみ)

@property(nonatomic, readonly) NSTimeInterval timestamp

view

タッチが生成されたビューを返す。(読み取りのみ)

@property(nonatomic, readonly, retain) UIView *view

window

タッチが生成されたウインドウを返す。(読み取りのみ)

@property(nonatomic, readonly, retain) UIWindow *window

インスタンスメソッド

locationInView:

指定したビューの座標系でレシーバ(タッチ)の現在の座標を返す。nilを指定した場合ウインドウの座標系になる。

- (CGPoint)locationInView:(UIView *)view

previousLocationInView:

指定したビューの座標系でレシーバ(タッチ)の前の座標を返す。nilを指定した場合ウインドウの座標系になる。

- (CGPoint)previousLocationInView:(UIView *)view

コンスタント

Touch Phase

タッチのタイプを決定する。

タッチタイプ概要
UITouchPhaseBegan指がスクリーンに触れた時のタッチタイプ
UITouchPhaseMoved指がスクリーン上で移動している時のタッチタイプ
UITouchPhaseStationary指がスクリーン上で待機している時のタッチタイプ
UITouchPhaseEnded指がスクリーンから離れた時のタッチタイプ
UITouchPhaseCancelledシステムがタッチの追跡を取り消した時のタッチタイプ

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-04-07 (木) 10:55:53 (2358d)