内容の保証はできません。


/System/Library/Frameworks/UIKit.framework

クラス UITextInputStringTokenizer

NSObject
  |
  +--UITextInputStringTokenizer

概要

UITextInputStringTokenizerクラスは、UIKitフレームワークにより提供されるUITextInputTokenizerプロトコルの基本実装です.この基本実装を有効活用したい場合、このクラスをサブクラス化し、アプリケーション固有の方向性とレイアウトの影響を受けるグラニュラリティを処理する必要があります.クラスをインスタンス化する際には、アプリケーションのためにUITextInputプロトコルを採用するドキュメントクラスを指定する必要があります.

サブクラス化の際の注意

UITextInputStringTokenizerをサブクラス化する際に、UITextInputTokenizerの全てのメソッドをオーバライドし、レイアウトの影響を受けないパラメータを操作するメソッドをコールする際には、スーパクラスの実装(super)をコールする必要があります.例えば、サブクラスはライングラニュラリティのための全てのメソッドのカスタム実装を必要とします.左方向については、左に対応する指定位置を、前方または後方のどちらかに決定し、その後でストレージ方向で通過するsuperをコールする必要があります.(UITextStorageDirection).

タスク

トークナイザの初期化

– initWithTextInput:

インスタンスメソッド

initWithTextInput:

テキスト入力システムと直接やり取りするドキュメントオブジェクトで初期化されたトークナイザオブジェクトを返す.

- (id)initWithTextInput:(UIResponder < UITextInput > *)textInput


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-24 (日) 17:14:27 (2582d)