内容の保証はできません。


/System/Library/frameWorks/UIKit.framework

クラス UITableViewController

NSObject
  |
  +--UIResponder
      |
      +--UIViewController
           |
           +--UITableViewController

概要

UITableViewControllerクラスはテーブルビューを管理するコントローラオブジェクトを作成します。これは、次のような動作を実装しています。

  • nibファイルがinitWithNibName:bundle:メソッド(スーパークラスのUIViewControllerで宣言されている)を介して指定されている場合、テーブルビューコントローラは、nibファイルでアーカイブされたテーブルビューを読み込みます。そうでない場合には、正しい寸法とリサイズマスクで構成されていないUITableViewオブジェクトを作成します。tableViewプロパティを通してこのビューにアクセスすることができます。
  • nibファイルがロードされたテーブルビューを含んでいる場合、データソースやデリゲートは(もしあるなら)nibファイルで定義されたものになります。nibファイルが指定されていない場合や、nibファイルがデリゲートやデータソースを定義していない場合は、テーブルビューコントローラは自身のテーブルビューのデータソースとデリゲートをします。
  • テーブルビューコントローラクラスはスーパークラスのviewWillAppear:メソッドを実装しています。テーブルビューが最初のロードで表示されるとき、テーブルビューコントローラはテーブルビューのデータを再読み込みします。また、(アニメーションなしで要求に応じて)選択をクリアし、テーブルビューは常に表示されます。
  • テーブルビューコントローラクラスはスーパークラスのviewDidAppear:メソッドを実装しています。これにより、テーブルが表示されたときコントローラはテーブルビューのスクロールインジケータを点滅させることができます。
  • テーブルビューコントローラクラスはスーパークラスのsetEditing:animated:メソッドを実装しています。これにより、ユーザがナビゲーションバーのEdit/Doneボタンをタップするとコントローラはテーブルの編集モードを切り替えることができます。

管理したい各テーブルビューのコントローラのカスタムサブクラスを作成することができます。コントローラをinitWithStyle:メソッドで初期化するとき、必ず管理するテーブルビューのスタイルを指定しなければなりません。これは、最初に作成したテーブルビューが、テーブルの大きさ(セクション番号やセクションごとの行数)やコンテンツ、データソースやデリゲートが指定されておらず、コントローラオブジェクト自身でテーブルの大きさやセルのコンテンツ、任意の設定を提供する必要があるからです。

loadViewメソッドやその他のスーパークラスメソッドをオーバーライドすることがあるでしょうが、通常最初のメソッドを呼び出すときには、必ずスーパークラスで実装されている通りに呼び出すようにしてください。

インデックス

オブジェクトの初期化

-initWithStyle:

テーブルビューの取得

tableView property

プロパティ

tableView

コントローラオブジェクトに管理されているテーブルビューを返す。

@property(nonatomic, retain) UITableView *tableView

インスタンスメソッド

initWithStyle:

指定したスタイルのテーブルビューを管理するためのテーブルビューコントローラを初期化して返す。

- (id)initWithStyle:(UITableViewStyle)style


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-04-23 (土) 17:57:17 (2401d)