内容の保証はできません。


/System/Library/Frameworks/UIKit.framework

クラス UIScreenMode

NSObject
  |
  +--UIScreenMode

概要

UIScreenModeオブジェクトは、UIScreenオブジェクトに適用された属性の設定が可能な表します.このオブジェクトは、スクリーンの内蔵ディスプレイバッファのサイズについての情報や、個々のピクセルでスクリーンが使用するアスペクト比についての情報をカプセル化します.

ほとんどの開発者はこのクラスによって提供された情報を使用する必要はありません.単純にUIScreenオブジェクトによって提供される"bounds"を利用するべきです.スクリーンの境界やウィンドウオブジェクトは自動的にピクセルのアスペクト比と内臓ディスプレイバッファのハードウェアを考慮に入れています.ただし、ピクセルレベルの情報をより直接的に扱う開発者は、対象スクリーンの情報をコードに適応させるために現在のスクリーンモードオブジェクト内の情報を使用する可能性があります.

このクラスのインスタンスを直接的に作成してはなりません.代わりに、対応するUIScreenオブジェクトから与えられたスクリーンによってサポートされたスクリーンモードを取得します.

タスク

スクリーンモードの属性へのアクセス

size property
pixelAspectRatio property

プロパティ

pixelAspectRatio

シングルピクセルのアスペクト比を返す.(読み取り専用)

@property(readonly,nonatomic) CGFloat pixelAspectRatio

size

ピクセル単位で計測したスクリーンサイズを返す.(読み取り専用)

@property(readonly,nonatomic) CGSize size


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-24 (日) 17:14:27 (2582d)