内容の保証はできません。


/System/Library/frameWorks/UIKit.framework

クラス UIScreen

NSObject
  |
  +--UIScreen

概要

UIScreenオブジェクトは、デバイスのスクリーン全体の矩形境界を含んでいます。ユーザインタフェースの設定をする際にはこのオブジェクトのプロパティを利用すべきです。アプリケーションのウインドウに推奨されるフレーム矩形のサイズを取得することが出来ます。

インデックス

スクリーンの取得

+ mainScreen

矩形情報の取得

bounds property
applicationFrame property

プロパティ

applicationFrame

アプリケーションのウインドウに使用されるフレーム矩形を示す。ステータスバーが表示されている場合は、それが占有する範囲を除外したスクリーンの矩形を示す。アプリケーションの最初のウインドウのサイズを取得するのに推奨されている方法である。

@property(nonatomic, readonly) CGRect applicationFrame

bounds

スクリーン全体の矩形境界を示す。

@property(nonatomic, readonly) CGRect bounds

クラスメソッド

mainScreen

デバイスのスクリーンに相当するスクリーンオブジェクトを返す。

+ (UIScreen *)mainScreen


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-09 (水) 16:18:57 (2474d)