内容の保証はできません。


/System/Library/frameWorks/UIKit.framework

クラス UIResponder

NSObject
  |
  +--UIResponder

概要

UIResponderクラスのオブジェクトは、イベントの処理やイベントの応答を受け持つオブジェクトのためのインタフェースを定義します。UIViewUIApplicationおよびそのサブクラスの親クラス(UIWindowを含める)であり、これらのクラスのインスタンスは時にレスポンダオブジェクトとして参照されます。

主要なイベントの処理方法に以下の4メソッドがあります。

 
touchesBegan:withEvent:
touchesMoved:withEvent:
touchesEnded:withEvent:
touchesCanceled:withEvent:
 

これらのメソッドは新しく生成されたり動作したタッチをイベントに関連付けます。例えば、マルチタッチシークエンスのフェーズを介して届けられたイベントの進行度を元に、レスポンダオブジェクトを追跡、処理することを許可します。指が画面上をタッチ、タップ、ドラッグした時にUIEventオブジェクトが生成されます。生成されたイベントオブジェクトは全ての画面上の指の情報をUITouchオブジェクトとして内包しています。

イベント処理の詳細に関しては「iPhoneアプリケーションプログラミングガイド」の「イベント処理」項目を参照してください。

インデックス

レスポンダチェインの管理

- nextResponder
- isFirstResponder
- canBecomeFirstResponder
- becomeFirstResponder
- canResignFirstResponder
- resignFirstResponder

イベントのレスポンス

- touchesBegan:withEvent:
- touchesMoved:withEvent:
- touchesEnded:withEvent:
- touchesCancelled:withEvent:

モーションイベントのレスポンス

– motionBegan:withEvent: 3.0b以降
– motionEnded:withEvent: 3.0b以降
– motionCancelled:withEvent: 3.0b以降

アンドゥ(元に戻す)マネージャーの取得

undoManager property 3.0b以降

コマンドの検証

– canPerformAction:withSender: 3.0b以降

インスタンスメソッド

becomeFirstResponder

レシーバがウインドウのファーストレスポンダになることを通知する。

- (BOOL)becomeFirstResponder

canBecomeFirstResponder

レシーバがファーストレスポンダになれるかどうかを返す。

- (BOOL)canBecomeFirstResponder

canResignFirstResponder

レシーバがファーストレスポンダの地位を放棄できるかどうかを返す。

- (BOOL)canResignFirstResponder

isFirstResponder

レシーバがファーストレスポンダであるかどうかを返す。

- (BOOL)isFirstResponder

motionBegan:withEvent:

モーションイベントが開始されたことをレシーバに通知する。

- (void)motionBegan:(UIEventSubtype)motion withEvent:(UIEvent *)event

motionCancelled:withEvent:

モーションイベントがキャンセルされたことをレシーバに通知する。

- (void)motionCancelled:(UIEventSubtype)motion withEvent:(UIEvent *)event

motionEnded:withEvent:

モーションイベントが終了したことをレシーバに通知する。

- (void)motionEnded:(UIEventSubtype)motion withEvent:(UIEvent *)event

nextResponder

レシーバの次のレスポンダを返す。次のレスポンダがないならnilを返す。

- (UIResponder *)nextResponder

resignFirstResponder

レシーバがウインドウのファーストレスポンダではなくなったことを通知する。

- (BOOL)resignFirstResponder

touchesBegan:withEvent:

ビューやウインドウを一つ以上の指がタッチした時その情報をレシーバに通知する。

- (void)touchesBegan:(NSSet *)touches withEvent:(UIEvent *)event

touchesCancelled:withEvent:

メモリ不足警告のようなシステムイベントがイベントを取り消した時の指の情報をレシーバに通知する。

- (void)touchesCancelled:(NSSet *) withEvent:(UIEvent *)event

touchesEnded:withEvent:

ビューやウインドウから一つ以上の指が離れた時その情報をレシーバに通知する。

- (void)touchesEnded:(NSSet *) withEvent:(UIEvent *)event

touchesMoved:withEvent:

ビューやウインドウ上を一つ以上の指が移動した時その情報をレシーバに通知する。

- (void)touchesMoved:(NSSet *) withEvent:(UIEvent *)event

コンスタント

UIEventSubtype

イベントのサブタイプを指定する。

タイプ概要
UIEventSubtypeNoneイベントのサブタイプが指定されない。
UIEventSubtypeMotionShakeユーザがデバイスをシェイクするイベントであることを示す。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-24 (日) 17:14:25 (2554d)