内容の保証はできません。


/System/Library/frameWorks/UIKit.framework

クラス UIMenuController

NSObject
  |
  +--UIMenuController

概要

UIMenuControllerシングルトンインスタンスは、切り取り・コピー・貼り付け・選択コマンドのためのメニューインタフェースを提供します。

このメニューは編集メニューとも呼ばれます。このメニューを表示させる場合、UIMenuControllerはスクリーンのターゲット矩形にメニューの位置を関連付けます。このターゲット矩形は普通は選択によって定義されます。メニューはターゲット矩形の上に表示されるか、または、もしそこに十分なスペースが無い場合にはその下方に表示されます。メニューのポインタはターゲット矩形の上部または下部の中心に必要に応じて置かれています。メニューを表示させる前に必ずトラッキング矩形を設定しなければなりません。また、選択を追跡・検出・表示する責任もあります。

ユーザがメニューコマンドをタップした時にUIResponderStandardEditActionsと言う非公式のプロトコルが宣言するメソッドが実行されます。UIResponderのcanPerformAction:withSender:メソッドもまた編集メニューに関連しています。レスポンダは、編集メニューが表示される直前にメニューのコマンドを有効か無効にするためにこのメソッドを内包しています。updateメソッドを呼び出すことによって、メニューコマンドの有効状態の更新を強制出来ます。

タスク

メニューコントローラインスタンスの取得

+ sharedMenuController

メニューの表示/非表示

menuVisible property
– setMenuVisible:animated:

メニューの位置設定

– setTargetRect:inView:
menuFrame property

メニューの更新

– update

プロパティ

menuFrame

編集メニューのフレームを返す。(読み取りのみ)

@property(nonatomic, readonly) CGRect menuFrame

menuVisible

編集メニューが表示されているかどうかを指定する。

@property(nonatomic, getter=isMenuVisible) BOOL menuVisible

クラスメソッド

sharedMenuController

メニューコントローラを返す。

+ (UIMenuController *)sharedMenuController

インスタンスメソッド

setMenuVisible:animated:

編集メニューを表示または非表示にする。オプションでアニメーションの有無を指定できる。

- (void)setMenuVisible:(BOOL)menuVisibleanimated:(BOOL)animated

setTargetRect:inView:

編集メニューの設置点となるビューの上部または下部の領域を設定する。

- (void)setTargetRect:(CGRect)targetRect inView:(UIView *)targetView

update

メニューコマンドの有効状態を更新する。

- (void)update

通知

UIMenuControllerWillShowMenuNotification

メニューが表示される直前にメニューコントローラに通知される。

UIMenuControllerDidShowMenuNotification

メニューが表示された直後にメニューコントローラに通知される。

UIMenuControllerWillHideMenuNotification

メニューが非表示にされる直前にメニューコントローラに通知される。

UIMenuControllerDidHideMenuNotification

メニューが非表示にされた直後にメニューコントローラに通知される。

UIMenuControllerMenuFrameDidChangeNotification

表示メニューのフレームが変更された時にメニューコントローラに通知される。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-10 (木) 11:55:27 (2326d)