内容の保証はできません。


/System/Library/Frameworks/UIKit.framework

クラス UIAcceleration

NSObject
  |
  +--UIAcceleration

概要

UIAccelerationクラスは加速度イベントに関連付けられているデータを格納します.アプリケーションが加速度の通知を返した時、このクラスのインスタンスは通知のオブジェクトフィールドに格納されます.加速度計の通知を受信する方法の詳細についてはUIAccelerometerクラスを参照してください.

各加速度のイベントはデバイスの3軸(図1を参照)に沿って現在の加速度を読み込み中継します.ハードウェアによって取得された各軸の加速度の値は重力加速度としてディレクトリに記録されます.したがって、与えられた軸に沿って値が1.0の場合は+1g、-1.0なら-1gであることを表します.

device_axes.jpg

図1.デバイスの軸の向き

注意

加速度計によって与えられる値はあくまで近似値であり決して正確な値を返すものではありません.時間の経過で得られた加速度計のデータを平均することで、ユーザが必要とする値を抽出して使用することが推奨されます.

タスク

加速度データへのアクセス

x property
y property
z property
timestamp property

プロパティ

timestamp

情報が記録されるのに経過した相対時間を返す.(読み取りのみ)

@property(nonatomic, readonly) NSTimeInterval timestamp

x

デバイスのX軸方向の加速度を返す.(読み取りのみ)

@property(nonatomic, readonly) UIAccelerationValue x

y

デバイスのY軸方向の加速度を返す.(読み取りのみ)

@property(nonatomic, readonly) UIAccelerationValue y

z

デバイスのZ軸方向の加速度を返す.(読み取りのみ)

@property(nonatomic, readonly) UIAccelerationValue z

定数

UIAccelerationValue

加速度の値を格納するために使用されるタイプで重力加速度に対応している.例えば、値が1.0なら1グラム、-1.0なら-1グラムであることを表している.


添付ファイル: filedevice_axes.jpg 951件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-24 (日) 17:14:25 (2522d)