内容の保証はできません。


/System/Library/Frameworks/UIKit.framework

クラス NSString(UIKit Additions)

NSObject
  |
  +--NSString?
  |
  +--NSString UIKit Additions

概要

UIKitフレームワークは,NSStringクラスに文字列の描画をサポートしたり,描画の前に文字列のバウンディングボックスを計算するためのメソッドを追加します. これらのメソッドは,どれもそれ自身が文字列オブジェクトの内容に影響するものではなく,スクリーンにそれがどうように描画されるかのみに影響します.

デフォルトでは,文字列はiPhone OSのネイティブ座標系を使用し,その内容は指定された原点座標からから右下に向けて描画されます. あなたが文字列内容の位置決めに満足している場合は,この方向を維持して, 文字列のバウンディングボックスの左上隅を描画のための原点として利用すべきです.

タスク

単一行のテキストの為のメトリクスの計算

– sizeWithFont:
– sizeWithFont:forWidth:lineBreakMode:
– sizeWithFont:minFontSize:actualFontSize:forWidth:lineBreakMode:

複数行のテキストの為のメトリクスの計算

– sizeWithFont:constrainedToSize:
– sizeWithFont:constrainedToSize:lineBreakMode:

単一行の文字列の描画

– drawAtPoint:withFont:
– drawAtPoint:forWidth:withFont:lineBreakMode:
– drawAtPoint:forWidth:withFont:fontSize:lineBreakMode:baselineAdjustment:
– drawAtPoint:forWidth:withFont:minFontSize:actualFontSize:lineBreakMode:baselineAdjustment:

指定領域への文字列の描画

– drawInRect:withFont:
– drawInRect:withFont:lineBreakMode:
– drawInRect:withFont:lineBreakMode:alignment:

インスタンスメソッド

drawAtPoint:forWidth:withFont:fontSize:lineBreakMode:baselineAdjustment:

指定されたフォントと属性を使用してグラフィックスコンテキスト内で指定されたポイントに単一行の文字列を描画する.

- (CGSize)drawAtPoint:(CGPoint)point forWidth:(CGFloat)width withFont:(UIFont *)font fontSize:(CGFloat)fontSize lineBreakMode:(UILineBreakMode)lineBreakMode baselineAdjustment:(UIBaselineAdjustment)baselineAdjustment

drawAtPoint:forWidth:withFont:lineBreakMode:

指定されたフォントと属性を使用して現在のグラフィックスコンテキスト内の指定されたポイントで単一行の文字列を描画する.

- (CGSize)drawAtPoint:(CGPoint)point forWidth:(CGFloat)width withFont:(UIFont *)font lineBreakMode:(UILineBreakMode)lineBreakMode

drawAtPoint:forWidth:withFont:minFontSize:actualFontSize:lineBreakMode:baselineAdjustment:

指定されたフォントと属性で単一行の文字列を描画する. フォント属性は可能な限り多くのテキストをレンダリングするのに必要な分だけ調整される.

- (CGSize)drawAtPoint:(CGPoint)point forWidth:(CGFloat)width withFont:(UIFont *)font minFontSize:(CGFloat)minFontSize actualFontSize:(CGFloat *)actualFontSize lineBreakMode:(UILineBreakMode)lineBreakMode baselineAdjustment:(UIBaselineAdjustment)baselineAdjustment

drawAtPoint:withFont:

指定されたフォントを使用して現在のグラフィックスコンテキスト内の指定されたポイントで単一行の文字列を描画する.

- (CGSize)drawAtPoint:(CGPoint)point withFont:(UIFont *)font

drawInRect:withFont:

Draws the string in the current graphics context using the specified bounding rectangle and font. 指定されたフォントと矩形領域を使用して現在のグラフィックスコンテキスト内に文字列を描画する.

- (CGSize)drawInRect:(CGRect)rect withFont:(UIFont *)font

drawInRect:withFont:lineBreakMode:

指定されたフォント, 属性, 矩形領域を使用して現在のグラフィックスコンテキスト内に文字列を描画する.

- (CGSize)drawInRect:(CGRect)rect withFont:(UIFont *)font lineBreakMode:(UILineBreakMode)lineBreakMode

drawInRect:withFont:lineBreakMode:alignment:

指定されたフォント, 属性, 矩形領域を使用して現在のグラフィックスコンテキスト内に文字列を描画する.

- (CGSize)drawInRect:(CGRect)rect withFont:(UIFont *)font lineBreakMode:(UILineBreakMode)lineBreakMode alignment:(UITextAlignment)alignment

sizeWithFont:

文字列が指定されたフォントで単一行だけ描画されるときの,文字列のサイズを返す.

- (CGSize)sizeWithFont:(UIFont *)font

sizeWithFont:constrainedToSize:

Returns the size of the string if it were rendered and constrained to the specified size. 文字列が指定されたサイズで描画されるときの文字列のサイズを返す.

- (CGSize)sizeWithFont:(UIFont *)font constrainedToSize:(CGSize)size

sizeWithFont:constrainedToSize:lineBreakMode:

文字列が指定された制約で描画されるときの文字列のサイズを返す.

- (CGSize)sizeWithFont:(UIFont *)font constrainedToSize:(CGSize)size lineBreakMode:(UILineBreakMode)lineBreakMode

sizeWithFont:forWidth:lineBreakMode:

Returns the size of the string if it were to be rendered with the specified font and line attributes on a single line. 文字列が指定されたフォントとライン属性で描画されるときの文字列のサイズを返す.

- (CGSize)sizeWithFont:(UIFont *)font forWidth:(CGFloat)width lineBreakMode:(UILineBreakMode)lineBreakMode

sizeWithFont:minFontSize:actualFontSize:forWidth:lineBreakMode:

文字列が指定された制約で描画されるときの,文字列のサイズを返す. フォントのサイズは可変で指定できる.

- (CGSize)sizeWithFont:(UIFont *)font minFontSize:(CGFloat)minFontSize actualFontSize:(CGFloat *)actualFontSize forWidth:(CGFloat)width lineBreakMode:(UILineBreakMode)lineBreakMode

定数

UILineBreakMode

テキストの折り返しや切り捨てのためのオプションを示す.

UILineBreakModeWordWrap

単語の境界のみで文字列をラップまたはクリップする. これはデフォルトのラッピングオプションである.

UILineBreakModeCharacterWrap

最も閉じた文字境界で文字列をラップまたはクリップする.

UILineBreakModeClip

描画矩形の終わりにたっしているとき,テキストをクリップする.

UILineBreakModeHeadTruncation

行の始めから(必要に応じて)テキストを切り捨てる. 複数行のテキストである場合, 最初の行のテキストのみ切り捨てられる.

UILineBreakModeTailTruncation

行の終わりから(必要に応じて)テキストを切り捨てる. 複数行のテキストである場合, 最後の行のテキストのみ切り捨てられる.

UILineBreakModeMiddleTruncation

行の途中から(必要に応じて)テキストを切り捨てる. 複数行のテキストである場合, 行の中間のテキストのみ切り捨てられる.

UITextAlignment

テキストを水平に整列するためのオプションを示す.

UITextAlignmentLeft

左端に沿ってテキストを整列する.

UITextAlignmentCenter

中心線の両側に沿って均等にテキストを整列する.

UITextAlignmentRight

右端に沿ってテキストを整列する.

UIBaselineAdjustment

テキストを水平に調整するためのオプションを示す.

UIBaselineAdjustmentAlignBaselines

テキストのベースラインの位置と相対的にテキストを調整する.

UIBaselineAdjustmentAlignCenters

テキストのバウンディングボックスの中心を相対的な基準としてテキストを調整する.

UIBaselineAdjustmentNone

バウンディングボックスの左上隅から相対的にテキストを調整する.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-24 (日) 17:14:27 (2582d)