内容の保証はできません。


#import <Director.h>

クラス Director

FastDirector? に継承されている.

NSObject
  |
  +--Director

概要

メインウインドウを作成・処理して、シーンの実行を管理するクラスです.

タスク

ディレクターの共有

+ sharedDirector
+ useFastDirector

フォーマット

- setPixelFormat:
- setDepthBufferFormat:

UIKitとの統合

- detach
- attachInWindow:
- attachInView:
- attachInView:withFrame:

ランドスケープ

- winSize
- displaySize
- setLandscape:
- convertCoordinate:

シーンの管理

- runWithScene:
- pushScene:
- popScene
- replaceScene:
- end
- pause
- resume
- stopAnimation
- startAnimation

OpneGLのヘルパー

- setAlphaBlending:
- setDepthTest:
- setTexture2D:
- setDefaultProjection
- set2Dprojection
- set3Dprojection

プロパティ

animationInterval property
displayFPS property
runningScene property
openGLView property
pixelFormat property
nextDeltaTimeZero property
deviceOrientation property
isPaused property

プロパティ

animationInterval

FPSの値.

@property (nonatomic,readwrite, assign) NSTimeInterval animationInterval;

deviceOrientation

デバイスの向き.

@property (nonatomic,readwrite) ccDeviceOrientation? deviceOrientation;

displayFPS

FPSを左下隅に表示するかどうかを示す.

@property (nonatomic,readwrite, assign) BOOL displayFPS;

isPaused

ディレクターが一時停止されているかどうかを返す(読み取りのみ)

@property (nonatomic,readonly) BOOL isPaused;

nextDeltaTimeZero

次のデルタタイムが0になるかどうかを示す.

@property (nonatomic,readwrite,assign) BOOL nextDeltaTimeZero;

openGLView

OpenGLビュー(読み取りのみ)

@property (nonatomic,readonly) EAGLView? *openGLView;

pixelFormat

コンテキストを生成する時に使用されるピクセルフォーマットを返す(読み取りのみ)

@property (nonatomic,readonly) tPixelFormat? pixelFormat;

runningScene

ディレクターが現在実行しているシーンを返す.
ディレクターは一度に1つのシーンしか実行できない.

@property (nonatomic,readonly) Scene?* runningScene;

クラスメソッド

sharedDirector

ディレクターの共有インスタンスを返す.

+ (Director*) sharedDirector

useFastDirector

メインループのトリガーを可能な限り早くしたディレクターを使用する.
これを使用するには、ディレクターの他のファンクションを呼び出す前にこれをコールしなければならない.

機能と制限:

  • "通常の"ディレクターより高速である
  • "通常の"ディレクターよりバッテリー消費が激しい
  • UIkitのオブジェクトを使用する際にいくつかの問題が起こる

    + (void) useFastDirector

インスタンスメソッド

attachInView:

指定したビューにフルフレームを使用してアタッチする.

- (BOOL) attachInView: (UIView *) view

attachInView:withFrame:

指定したビューに指定したフレームを使用してアタッチする.

- (BOOL) attachInView: (UIView *) view
    withFrame: (CGRect) frame

attachInWindow:

指定したウインドウにフルフレームを使用してアタッチする.

- (BOOL) attachInWindow: (UIWindow *) window

convertCoordinate:

UIkitの座標系からOpneGLの座標系に変換する.
(マルチ)タッチの座標を現在のレイアウトの座標に変換するのに便利である.

- (CGPoint) convertCoordinate: (CGPoint) p

detach

ウインドウまたはビューから、cocos2dビューをデタッチする.

- (BOOL) detach

displaySize

OpenGLビューのディスプレイサイズを返す.

- (CGSize) displaySize

end

現在実行しているシーンの実行を終了し、そのシーンを解放する.

- (void) end

pause

実行中のシーンを一時停止する.
一時停止されている間、シーンは描画されるがスケジュールタイマーは全て一時停止され、CPUの使用を削減するため描画速度は4FPSまで落とされる.

-(void) pause

popScene

スタックからシーンをポップする.
実行されているシーンはポップされたシーンに置き換えられて削除される.
スタックが空の場合、シーンの実行は終了される.
実行中のシーンが存在しない場合このメソッドを呼び出してはならない.

- (void) popScene

pushScene:

実行中のシーンを中断して、スタックに指定したシーンをプッシュする.
中断されたシーンの代わりに、プッシュした新しいシーンが実行される.
メモリの消費を削減するために、シーンのスタックが巨大になることを避けるよう努めるること.
実行中のシーンが存在しない場合このメソッドを呼び出してはならない.

- (void) pushScene: (Scene? *) scene

replaceScene:

実行しているシーンを新しいものに置き換える.実行中のシーンは終了される.
実行中のシーンが存在しない場合このメソッドを呼び出してはならない.

- (void) replaceScene

resume

一時停止されていたシーンを再開し、スケジュールタイマーを再び有効にする.
"デルタタイム"の値は0になる(あたかもゲームが一時停止されなかったかのように)

- (void) resume

runWithScene:

指定したシーンでディレクターのメインルームを実行する.
最初のシーンを実行したい場合にコールする.
既にシーンが実行されている場合このメソッドを呼び出してはならない.

- (void) runWithScene

setAlphaBlending:

OpenGLのアルファブレンディングを有効または無効にする.

- (void) setAlphaBlending: (BOOL) on

setDefaultProjection

Cocos OpneGLのデフォルトのプロジェクションを設定する.

- (void) setDefaultProjection

setDepthBufferFormat:

デプス・バッファのフォーマットを変更する.
UIViewまたはUIWindowにデフォルトのデプス・バッファ(= none)でアタッチする前にこのメソッドを呼び出すことで変更できる. kDepthBufferNone、kDepthBuffer16、およびkDepthBuffer24の形式に対応している.

-(void) setDepthBufferFormat: (tDepthBufferFormat?) db

setDepthTest:

OpenGLのデプステストを有効または無効にする.

- (void) setDepthTest: (BOOL) on

setLandscape:

ランドスケープモードを設定する.
※非推奨
setDeviceOrientationメソッドで代替すること.

- (void) setLandscape: (BOOL) on

setPixelFormat:

デフォルトのピクセルフォーマットを変更する.
UIViewまたはUIWindowにデフォルトのデプス・バッファ(= kRGB565)でアタッチする前にこのメソッドを呼び出すことで変更できる.
kRGBA8 および kRGB565 の形式に対応している.

-(void) setPixelFormat: (tPixelFormat) p

setTexture2D:

OpenGLのTexture2Dを有効または無効にする.

- (void) setTexture2D: (BOOL) on

set2Dprojection

2Dプロジェクションを設定する.

-(void) set2Dprojection

set3Dprojection

3Dプロジェクションを設定する.

-(void) set3Dprojection

stopAnimation

アニメーションが停止され、何も描画されなくなる.
メインループもトリガーされなくなる.
アニメーションを一時停止させたい場合に、pauseメソッドの代わりに使用する.

- (void) stopAnimation

startAnimation

メインループが再度実行される.
以前にstopAnimationメソッドが実行されている場合にのみ呼び出せる.

警告:
メインループを開始するためにこのメソッドを呼び出してはならない.
メインループを実行させるには、runWithSceneを呼び出すこと.

- (void) startAnimation

winSize

ランドスケープモードに応じたOpneGLビューのサイズを返す.

- (CGSize) winSize


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-24 (日) 17:14:25 (2526d)