内容の保証はできません。


#import <Camera.h>

クラス Camera

NSObject
  |
  +--Camera

概要

カメラは全てのCocosNode?で使用され、異なる視点からオブジェクトを見るのに便利です。

OpenGLのgluLookAt関数はカメラの位置を定めるのに使用されます。

オブジェクトを任意のスケール、任意の回転、任意の位置属性に変形させたい場合、カメラをオーバーライドしてください。

タスク

- restore
- locate
- setEyeX:eyeY:eyeZ:
- setCenterX:centerY:centerZ:
- setUpX:upY:upZ:
- eyeX:eyeY:eyeZ:
- centerX:centerY:centerZ:
- upX:upY:upZ:
+ getZEye
dirty property

プロパティ

dirty

カメラについて再評価が必要がどうかを示す.

@property (nonatomic,readwrite) BOOL dirty

クラスメソッド

getZEye

Z軸の視点を返す.

+ (float) getZEye

インスタンスメソッド

restore

カメラをデフォルトの位置に戻す.

- (void) restore

locate

gluLookAt関数を使用してカメラを設定する.

- (void) locate

setEyeX:eyeY:eyeZ:

視点の位置を設定する.

- (void) setEyeX: (float) x
    eyeY: (float) y
    eyeZ: (float) z

setCenterX:centerY:centerZ:

視界の中心位置を設定する.

- (void) setCenterX: (float) x
    centerY: (float) y
    centerZ: (float) z

setUpX:upY:upZ:

視界の上方位置を設定する.

- (void) setUpX: (float) x
    upY: (float) y
    upZ: (float) z

eyeX:eyeY:eyeZ:

視点の位置のベクトル値を取得する.

- (void) eyeX: (float *) x
    eyeY: (float *) y
    eyeZ: (float *) z

centerX:centerY:centerZ:

視界の中心位置のベクトル値を取得する.

- (void) centerX: (float *) x
    centerY: (float *) y
    centerZ: (float *) z

upX:upY:upZ:

視界の上方位置のベクトル値を取得する.

- (void) upX: (float *) x
    upY: (float *) y
    upZ: (float *) z


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-24 (日) 17:14:25 (2523d)