内容の保証はできません。


#import <AtlasSprite.h>

クラス AtlasSpriteFrame

NSObject
  |
  +--AtlasSpriteFrame

概要

AtlasSpriteFrameは、CGRectをカプセル化したNSObjectです。

そしてこのCGRectオブジェクトは、AtlasSpriteManager?内のフレームを表しています。

タスク

- initWithRect:
+ frameWithRect:
rect property

プロパティ

rect

フレームの矩形を示す.

@property (nonatomic,readwrite) CGRect rect

クラスメソッド

frameWithRect:

指定したCGRectでアトラススプライトフレームを作成する.

+ (id) frameWithRect:(CGRect) frame

インスタンスメソッド

initWithRect:

指定したCGRectでアトラススプライトフレームを初期化する.

- (id) initWithRect:(CGRect) frame


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-16 (水) 09:06:37 (2469d)