内容の保証はできません。


#import <AtlasSprite.h>

クラス AtlasAnimation

CocosAnimation?プロトコルを実装している.

NSObject
  |
  +--AtlasAnimation

概要

アニメーションを実行するためのスプライトの中で使用されるアニメーションオブジェクトです.

タスク

- initWithName:delay:
- initWithName:delay:firstFrame:vaList:
- addFrameWithRect:
+ animationWithName:delay:
+ animationWithName:delay:frames:
delay property
frames property

プロパティ

delay

フレーム間の遅延時間を秒単位で指定する.

@property (nonatomic,readwrite,assign) float delay

frames

フレームの配列.

@property (nonatomic,readwrite,retain) NSMutableArray *frames

クラスメソッド

animationWithName:delay:

名前とフレーム間の遅延時間を指定して、AtlasAnimationを生成する.

+ (id) animationWithName: (NSString *) name
    delay : (float) delay

animationWithName:delay:frames:

名前とフレーム間の遅延時間、フレームを指定して、AtlasAnimationを生成する.

+ (id) animationWithName: (NSString *) name
    delay: (float) delay
    frames: frame1, ...

インスタンスメソッド

initWithName:delay:

名前とフレーム間の遅延時間を指定して、AtlasAnimationを初期化する.

- (id) initWithName: (NSString *) name
    delay: (float) delay

initWithName:delay:firstFrame:vaList:

名前とフレーム間の遅延時間、フレームを指定して、AtlasAnimationを初期化する.

- (id) initWithName: (NSString *) name
    delay: (float) delay
    firstFrame: (AtlasSpriteFrame? *) frame
    vaList: (va_list) args

addFrameWithRect:

アニメーションのフレームを追加する.

- (void) addFrameWithRect: (CGRect) rect


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-24 (日) 17:14:25 (2583d)