内容の保証はできません。


/System/Library/Frameworks/AVFoundation.framework

クラス AVAudioPlayer

NSObject
  |
  +--AVAudioPlayer

概要

AVAudioPlayerクラスのインスタンスはオーディオプレイヤーと呼ばれ、ファイルまたはメモリのオーディオデータの再生機能を提供しています。

Appleは、ネットワークストリームからキャプチャーされたオーディオの再生・ステレオ再生・正確な同調をアプリケーションが必要としない限り、オーディオ再生にはこのクラスの使用を推奨します。

オーディオプレイヤーでできること:
■任意の間隔での音の再生
■ファイルまたはメモリバッファからの音の再生
■ループ再生
■同時に複数の音を再生
■再生中のそれぞれの音を相対的な再生レベルで制御
■サウンドファイルの特定のポイントをシークして、早送りや巻き戻しのようなアプリケーションの機能をサポート
■再生レベル計測用のデータを取得

AVAudioPlayerクラスは、iPhoneOSで利用可能な全てのオーディオフォーマットを再生することができます。(電話の着信コールのような)中断や音声再生終了時のユーザインタフェースの更新を管理するにはデリゲートを使用します。AVAudioPlayerのためのデリゲートメソッドについては、AVAudioPlayerDelegateProtocol?リファレンスに記載されています。

このクラスでは、ボリュームやループのような再生オプションにアクセスしたり、サウンドタイムライン内の再生ポイント等、サウンドについての情報を管理するためにObjective-Cのプロパティ宣言を主に利用します。

インデックス

オーディオプレイヤーオブジェクトの初期化

– initWithContentsOfURL:error:
– initWithData:error:

再生の設定と制御

– play
– pause
– stop
– prepareToPlay
playing property
volume property
numberOfLoops property
delegate property

サウンド情報の管理

numberOfChannels property
duration property
currentTime property
url property
data property

オーディオレベルの計測

meteringEnabled property
– averagePowerForChannel:
– peakPowerForChannel:
– updateMeters

プロパティ

currentTime

オーディオプレイヤーに関連付けられているサウンドのタイムライン中の現在の再生位置を秒単位で示す。

@property NSTimeInterval currentTime;

data

オーディオプレイヤーに関連付けられているサウンドを含むNSDataオブジェクトを返す。(読み取りのみ)

@property (readonly) NSData *data;

delegate

オーディオプレイヤーのためのデリゲートを指定する。

@property (assign) id <AVAudioPlayerDelegate> delegate;

duration

オーディオプレイヤーに関連付けられているサウンド内の間隔の総時間を秒単位で返す。

@property NSTimeInterval duration;

meteringEnabled

オーディオプレイヤーのオーディオレベル計測のオン/オフ状態を決定する。

 
[self.player setMeteringEnabled: YES]; // オンにする場合(デフォルトはオフ)
 

@property (getter=isMeteringEnabled) BOOL meteringEnabled;

numberOfChannels

オーディオプレイヤーに関連付けられているサウンドの内のオーディオチャンネルの番号を返す。例えば、モノラル信号またはステレオ信号の左のチャンネルの番号は0である。(読み取りのみ)

@property (readonly) NSUInteger numberOfChannels;

numberOfLoops

リピート再生するために、サウンドが終点に達した時点で再び再生を開始する回数を指定する。このプロパティで指定された数値の回数だけリピート再生を繰り返すことになる。 -1(0未満の数値)を指定するとstopメソッドが呼ばれるまでループし続ける。

@property NSInteger numberOfLoops;

playing

オーディオプレイヤーが再生中(YES)かそうでない(NO)かを返す。(読み取りのみ)

@property (readonly, getter=isPlaying) BOOL playing;

url

オーディオプレイヤーに関連付けられているサウンドのURLを返す。(読み取りのみ)

@property (readonly) NSURL *url;

volume

オーディオプレイヤーの再生出力を0.0から1.0の幅で指定する。

@property float volume;

インスタンスメソッド

averagePowerForChannel:

再生されているサウンドについて、与えられたオーディオチャンネルの出力の平均値をデシベル単位で返す。現時点の平均出力を取得したい場合は、このメソッドの前に、updateMetersメソッドを呼び出さなければならない。

- (float)averagePowerForChannel:(NSUInteger)channelNumber

initWithContentsOfURL:error:

指定されたサウンドファイルでオーディオプレイヤーオブジェクトを初期化して返す。

- (id)initWithContentsOfURL:(NSURL *)url error:(NSError **)outError

initWithData:error:

指定されたメモリバッファでオーディオプレイヤーオブジェクトを初期化して返す。

- (id)initWithData:(NSData *)data error:(NSError **)outError

pause

再生を一時停止する。成功したらYES、失敗したらNOを返す。

- (BOOL)pause

peakPowerForChannel:

再生されているサウンドについて、与えられたオーディオチャンネルの出力の最大値をデシベル単位で返す。現時点の最大出力を取得したい場合は、このメソッドの前に、updateMetersメソッドを呼び出さなければならない。

- (float)peakPowerForChannel:(NSUInteger)channelNumber

play

非同期でサウンドを再生する。成功したらYES、失敗したらNOを返す。

- (BOOL)play

prepareToPlay

前もってバッファをローディングし再生の準備をする。このメソッドを呼び出しておくことによってplayメソッドによる再生時のラグを緩和することが出来る。stopメソッドが呼ばれるか、再生が終了した時点でこのセットアップは解除される。成功したらYES、失敗したらNOを返す。

- (BOOL)prepareToPlay

stop

再生を停止し、再生のためのセットアップを解除する。currentTimeプロパティの値は0になる。成功したらYES、失敗したらNOを返す。

- (BOOL)stop

updateMeters

オーディオプレイヤーの全てのチャンネルの平均出力値と最大出力値を更新する。

- (void)updateMeters


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-05-31 (火) 05:10:50 (2304d)